早耳ニュースまとめ

私が面白いと思ったニュースを厳選してまとめてみました

    カテゴリ: 国内経済

    1: 曙光 ★ 2017/05/03 02:00:58.93 ID:CAP_USER9.net
    アマゾン書籍直接取引で波紋 取次の日販「一方的で遺憾」

    2017/5/3 0:22日本経済新聞 電子版



    アマゾンジャパン(東京・目黒)が一部既刊本の直接取引を出版社と進めるとの方針が

    波紋を呼んでいる。

    取引から排除される取次大手の日本出版販売(日販)が反発する一方、

    アマゾンに一部の取引を切り替える方針を固めた出版社も登場。

    出版業界の構造変革につながる可能性も出てきた。

     日販は2日、アマゾンが6月末で同社への一部既刊本の発注を取りやめることに対し、

    「一方的な通告を受けたことは大変遺憾」とする見解を明ら…


    続きは会員登録で読めます
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16029940S7A500C1TJ2000/


    関連
    【取次外し】アマゾン、出版取次大手への一部既刊本の発注取りやめへ…出版社との直接取引を進める動きが加速 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493660681/
    【アマゾン vs 出版業界?!【取次外し】取次大手の日販「一方的な通告を受けた事は大変遺憾」アマゾンが同社への一部既刊本の発注取りやめに対し】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/05/02 02:44:41.14 ID:CAP_USER9.net
    ネット書店大手アマゾンジャパンが、出版取次大手の日本出版販売(日販)への一部既刊本の発注を6月末で取りやめることが1日、分かった。4月28日付で出版各社に通知した。
    日本の出版流通の中核である取次を経由せず、出版社との直接取引を進めようとする動きが加速。出版界でのアマゾンの存在感が強まりそうだ。

     中止するのは、日販に在庫のない既刊本を調達するための「日販バックオーダー発注」。新刊本や、日販に在庫がある既刊本の発注は継続するが、アマゾンで一時的に品切れの本が増えるなど、読者への影響が出る可能性もある。

     日販広報室は「現時点ではコメントできない」としている。

    http://jp.reuters.com/article/idJP2017050101002037?il=0
    【【取次外し】出版業界、大変革の始まりか?  アマゾン、出版取次大手への一部既刊本の発注取りやめへ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ