早耳ニュースまとめ

私が面白いと思ったニュースを厳選してまとめてみました

    カテゴリ: 国際ニュース

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/10 22:27:45.36 ID:CAP_USER.net
    対北圧力を強めるトランプ米政権に対抗する形で、

    北朝鮮が米領グアム沖の海上に

    新型中距離弾道ミサイル「火星12」を

    4発同時に撃ち込む案を検討していると表明した。

    日本ではお盆休みにさしかかり、

    夏の海外旅行がピークを迎える時期だけに、

    出国ラッシュの始まった関西国際空港では10日、

    旅行客らから北朝鮮に対する憤りの声が上がった。

    「気になっているが、

     年に1回の家族旅行だけにキャンセルは難しかった」

    グアムへ向かう

    大阪府豊中市の医師、難波隆一郎さん(54)はこう話し、

    「旅行会社から『危険がある』といわれれば、

     そのときはもちろん考える」

    と警戒した。

    夫婦でグアムへ向かう同府高石市の主婦(63)は

    「本当に腹立たしい。

     心配した子供たちが『大丈夫か』と連絡してきたが、

    (北朝鮮の)脅しにあたふたするのは、向こうの思うつぼになる」

    と憤った。

    緊張の高まりを受け、

    国内の大手旅行代理店や航空会社も情勢を注視している。

    近畿日本ツーリストの担当者は

    「常に安全・安心には注意を払っており、

    (安全に関わるさまざまな事案について外務省が速報的に出す)

     スポット情報をチェックしていく」

    と話した。

    http://www.sankei.com/west/news/170810/wst1708100123-n1.html


    【北ミサイル】

    韓国軍「韓米による強力で断固たる対応」 

    韓国社会ではまったく緊張感なし

    【ソウル=名村隆寛】

    北朝鮮が米領グアム周辺を狙い

    中距離弾道ミサイル「火星12」を発射する計画を

    表明したことを受け、

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、

    「必要な全ての措置」を取るよう大統領府に指示した。

    韓国軍合同参謀本部は10日、北朝鮮が挑発を強行した場合、

    「韓国軍と韓米同盟による強力で断固たる対応に直面するだろう」

    と警告する声明を発表した。

    一方、大統領府がこの日開催した

    国家安全保障会議(NSC)常任委員会では

    「対話の扉は開いておき、緊張緩和のため、

     外交的努力を積極的に展開する」

    と打ち出し、

    対話路線を維持する姿勢を示した。

    北朝鮮のミサイル計画発表を受け、

    10日の韓国総合株価指数と証券市場はいずれも下落。

    政府が対応に追われる一方、

    韓国社会では、

    北朝鮮の挑発に対する緊張感は全くなく、

    普段通りの平日の風景だった。

    http://www.sankei.com/world/news/170810/wor1708100061-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170810/wst1708100123-p1.jpg
    お盆休みの出国ラッシュで混雑する関西国際空港の出発ロビー=10日午前(志儀駒貴撮影)
    http://www.sankei.com/images/news/170810/wst1708100123-p2.jpg
    北朝鮮の労働新聞が10日掲載した、グアム周辺へのミサイル発射計画について発表する朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官の写真(コリアメディア提供・共同)
    http://www.sankei.com/images/news/170810/wor1708100061-p1.jpg
    文在寅政権にTHAAD配備撤回を求め、スローガンを叫ぶ反対派住民ら=10日、韓国・星州(桜井紀雄撮影)
    【【北ミサイル】「本当に腹立たしい」グアムへの旅行客ら、北朝鮮の言動に怒り 一方、韓国社会はまったく緊張感なし[8/10]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/10 17:36:15.75 ID:CAP_USER.net
    長崎は9日で72回目の原爆の日を迎え、

    核兵器のない世界への思いを新たにさせた。

    日本人が振り返る「戦争」は

    72年前の8月15日に終戦となった

    第2次世界大戦を指すことが一般的だ。

    しかし、

    中国人にとっての戦争と言えば、

    「抗日戦争」を指すのが一般的であろう。

    中国では今なお日本に侵略された歴史を理由に、

    日本を憎み続ける人が少なからず存在するが、

    中国メディアの捜狐はこのほど

    「中国人が今なお日本を憎む理由」について考察する記事を掲載した。

    歴史を遡れば、奏漢の時代に日本は使者を派遣し、

    中国から漢字や文化を学び日本に伝え、

    唐の時代には最も盛んに交流がなされた。

    中国人からすれば、日本は中国から多くの文化を学び、

    文化の基盤を中国から学んだゆえに

    「日本は中国に恩があるはずだ」と考えるようだ。

    しかし記事は、

    日本は日清戦争で清と戦い、

    1900年以降も他の列強と共に中国を侵略しようとしたと主張。

    また1931年には、

    「九一八事変」と呼ばれる満州事変によって

    中国の東北部が侵略され、

    1937年からの日中戦争では

    「日本は人とは思えない行為によって中国への侵略を拡大した」

    と主張した。

    一方で、

    中国は多くの戦争によって侵略されたことは確かだが、

    「中国人が日本人を激しく憎んでいる主要な原因は、

     日本が中国と同じルーツを持つ者なのに

     中国に対して謝罪と懺悔がないこと」

    にあるとしている。

    謝罪と懺悔がないまま、

    時間の経過により過去の歴史として葬り去られてしまうことは、

    将来的に再び同じことが起きる可能性があることを意味するとし、

    今のままでは日本は中国人からの好感を得ることは出来ないとした。

    日本に毎年訪れる終戦の日には様々な追悼が行われるが、

    過去から学び、未来において

    再び戦争が起きないようにする努力は

    引き続き継続されなければならないだろう。

    (編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1641694?page=1
    【【中国報道】「謝罪は?」「懺悔は?」 中国人が今なお日本を憎み続ける理由[8/10]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/05 11:58:14.58 ID:CAP_USER.net
    2017年8月4日、環球網は記事

    「韓国外交部、駐エチオピア大使による部下への性的暴行を認める」

    を掲載した。

    韓国のキム・ムンファン駐エチオピア大使による

    女性職員への性的暴行容疑について、

    韓国外交部は調査の結果、暴行は事実だったと認定し、

    キム大使の訴追を求めた。

    キム大使が

    複数の女性職員に性的暴行を行った容疑が

    取り沙汰されていたほか、

    エチオピア大使館所属の韓国人男性外交官が

    女性職員に性的暴行を働いたとして、

    7月に罷免されている。

    韓国・聯合ニュースは7月21日、

    キム大使の容疑について報じていた。

    7月8日に女性職員を自らの住宅に連れ込み、

    夕食後に性的暴行を行ったという。

    プライバシーに属する問題だけに両者の身分は公開せず、

    行政府職員とだけ発表。

    特別観察団による調査を実施してきた。

    韓国で在外公館に駐在する外交官による性犯罪事件が起きたのは

    今回が初めてではない。

    昨年9月にも、駐チリ外交官が

    現地の未成年の少女にセクハラ行為をする映像が

    現地メディアによって公開され、

    大きな波紋を呼んだ。

    (翻訳・編集/増田聡太郎)

    http://www.recordchina.co.jp/b186622-s0-c10.html

    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201708/20170805-046104601.jpg
    写真はエチオピア。
    【韓国人に性欲を抑える理性は無い・・・・・・・!!【韓国】韓国政府関係者の性犯罪事件相次ぐ、今度は駐エチオピア大使に強姦容疑―中国メディア[8/05]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/10 12:34:08.46 ID:CAP_USER.net
    2017年8月9日正午、

    ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像の周りには、

    慰安婦としての被害を初めて証言した

    故金学順(キム・ハクスン)さんをたたえる市民約1500人が集まり、

    日本政府が慰安婦を支援する韓国の財団に拠出した

    10億円を返還するための募金活動が本格的に開始された。

    韓国・ニュース1が伝えた。

    14日に開かれる「第5回世界日本軍慰安婦メモリアルデー」を前に

    この日行われたデモには、

    元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さん、

    李容洙(イ・ヨンス)さん、

    吉元玉(キル・ウォノク)さんのほか、

    夏休み中の高校生らが参加し、

    日本政府による謝罪と、

    2015末に締結された慰安婦問題をめぐる日韓合意の廃棄、

    さらに同合意に基づき設立された

    「和解・癒やし財団」の解体などを要求した。

    8月14日は13年から「慰安婦メモリアルデー」に指定され、

    毎年、数カ国で記念式典が開催されている。

    この日のデモでは、

    日本政府から「和解・癒やし財団」に拠出された10億円を日本に返還し、

    また元慰安婦らに女性人権賞を授与すること目的とした

    募金活動も本格的に開始された。

    韓国挺身隊問題対策協議会の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は

    「100万人が100日間1000ウォン(約100円)だけでも心を集め、

     10億円を返すために新たな解放のための動きを開始する」

    と協力を呼び掛けた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「日本からのお金を受け取った人がすべてそのお金を返してこそ、

     本来の意味の返還と言える」

    「金を受け取った者はすべて返還しろ」

    「募金で集めた金を日本に返還する意味が理解できない」など、

    日本への10億円の返還に対して

    募金で対応することへの疑問の声が寄せられた。

    また、繰り返される日本批判への警鐘の声もみられた。

    あるネットユーザーは

    「韓国は世界で最も日本を愛している国だ。

     世界でも韓国ほど日本を愛している国はない。

     海外旅行先1位の国が日本だし、

     国内をみても、ニコン、三菱エレベーター、

     レクサス、リンナイ、ユニクロ、キヤノン…。

     韓国人が熱狂する日本企業の製品は数え切れないほどだ。

     韓国人は毎年、大量の日本のビールと

     日本ブランドのたばこを消費している。

     数字はうそをつかない。

     韓国人はもう、自分の心を欺くのはやめよう」

    とつづった。

    (翻訳・編集/三田)

    https://news.biglobe.ne.jp/international/0810/rec_170810_0101164462.html
    【本当に返す気あるのか?ネコババする気だろ?!【慰安婦問題】韓国で「日本からの10億円」返金に向けた募金活動始まる=「金を受け取ったその人が返金すべき」とネットでは疑問の声も】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/09 23:56:35.78 ID:CAP_USER.net
    2017年8月8日、参考消息は、

    近年防衛費を増やし続けている日本政府が、

    米国から大量の武器を購入しようとしていると伝えた。

    スペイン紙ABCは6日、

    「中国が超大国になりつつあるなか、

     日本は2012年の安倍晋三政権発足以降

     大幅に防衛費を増やしており、

     2017年度に過去最高となる

     5兆1000億円の防衛予算を組んだ。

     この予算には

     F-35A戦闘機6機、V-22オスプレイ4機、C-2輸送機3機、

     KC-46空中給油機1機、CH-47JA大型輸送ヘリ6機などの

     購入費が含まれている。

     さらに米国から

     RQ?4Bグローバルホーク無人偵察機を購入するとともに、

     新たな潜水艦の研究開発も行う」とした。

    このほか「離島奪還」任務実施に向けて

    AAV7水陸両用強襲輸送車11台や

    新型の地対空ミサイルを購入すると同時に、

    尖閣諸島に近い奄美大島と宮古島に

    500~800人の隊員を配備すると説明。

    防衛省の財務担当者がABCのインタビューに対して

    「南西諸島の急速対応能力や海と空の配備を強化する予定だ」

    と語ったことを伝えている。

    記事はまた、

    海上自衛隊が2020年までにイージス艦を

    現有の6隻から新たに2隻増やすとともに、

    現在4隻に搭載されているSM-3ブロック1A迎撃ミサイルを

    ブロック2Aにグレードアップさせる計画だなどと報じている。

    (翻訳・編集/川尻)

    http://www.recordchina.co.jp/b186986-s0-c10.html
    【【国防】防衛費を増やし続ける日本、米国から大量の武器購入へ[8/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ